おすすめ

【本音トーク】台湾人の女性を落とすため10の方法

前回の「台湾旅行で日本人男性が台湾人女性と知り合う5つの方法」の続編ということで、今回はトシチャイにトシチャイ流「台湾人女性を落とす方法」を紹介してもらうよ。
僕の話なんか聞いても参考になるか分からないよ?(笑)
数多くの台湾人と付き合ってきたトシチャイの話だから、期待しているよ!(笑)

台湾人女性を落とすための10の方法

1 台湾の良いところを褒めまくる

台湾人女性と知り合うまでの方法は前回お話してきた通りですが、知り合って会話を始めるにあたり、まず大切なことは相手のことを褒めてあげることです。

褒められることが嫌な人はいない訳であって、私たちも「日本は良い国だよね」っと言われると嬉しいですよね??それと同じように、台湾という国を褒めてあげることが第一です。

台湾人は日本人に比べて愛国心がかなり強いので尚更です!!

具体的には、
「台湾っていい国だよね」
「台湾は小籠包が美味しいよね」
「台湾人の陽岱鋼(巨人の野球選手)カッコいいよね」
「台湾は東北大震災の時には、多額のお金を日本に寄付してくれたよね」
というような感じです。

相手に良い気分になってもらうことが、人間関係構築の第一歩なので、台湾の良いところ常に考えておいて、いくらでも挙げられるようにしておきましょう。

台湾のみならず、誰と知り合った時にでも大切なことだね!

2. 歴史問題には極力触れない

会話が弾んできて、意外な落とし穴になるのが、台湾の歴史に関することです。台湾について勉強したことがあれば容易に想像が付くことですが、特に中国と台湾の主権に関する問題はかなり根深いです。ほとんどの台湾人は「台湾は一つの独立した国である」と考えている(私も台湾人の意志を尊重している)訳ですが、あまりその辺の事情を理解してない日本人は台湾人に「台湾は国だと思う?」などと聞いてしまうことがあります。これは台湾人にとっては愚問であり、プライドを傷つけてしまうことも少なくないので、注意しましょう。
同時に、日本も台湾を50年に渡り統治しており、その評価は台湾においても分かれているので、詳しい知識がないのであれば、極力触れないようにすることをおすすめします。

僕自身、上手く行きかけていた台湾人の女の子と、台湾の歴史の話で怒らせちゃって、それが原因でダメになった経験があるよ
特に、台湾と中国の関係については、台湾人はめちゃくちゃセンシティブだからね
僕が台湾の主権について「僕は台湾人の意志を尊重する」と言ったのが気に入らなかったらしくて・・・怒り出した人に「論理」は全く通用しなくなるからね・・・それ以来、自ら積極的に普通の台湾人と「台中関係」の話をするのはやめたよ(笑)触らぬ神に祟りなし!

とりあえず、一番良いのは、自ら歴史問題に触れないこと。相手から触れてきた場合は「台湾は国に決まっているよ」と言って、なるべく首を突っ込まないことです。ちなみに、台湾のタクシー運転手はその手の話が大好きなので、彼らとは良く中国語で議論していました(笑)
なので、人によって臨機応変な対応を心がけましょう。

3. 台湾人女性の日本人男性に対するマイナスなイメージを払拭する

近年こそ、台湾では韓流ドラマの方が人気ですが、日本のドラマもまだまだ人気があります。一方、そうしたドラマが日本人男性の印象を台湾人女性に植え付けてしまっているケースも少なくありません。
以下、台湾人女性の日本人男性に対するマイナスなイメージを5つ挙げておきます。

  1. 浮気が多い
  2. 仕事が長い(家に帰ってこない)
  3. 男性の方が地位が高い(大男人主義)
  4. 変態である
  5. 表面的である(本音を語らない)

少なくとも、上記のようなネガティブなイメージを払拭できるかが、日本人男性が台湾人の女性を落とすにあたって、大事なポイントになります。
具体的な払拭方法については、別の記事で紹介したいと思います。

一番、肝心なところかもしれないね
間違いないね!

4. 積極的にプランを決めてあげる(草食系はダメ!)

台湾人女性は日本の女性と同じで、優柔不断です(笑)なので、主体的にお店やデートプランを決めてあげる決断力が必要になります。物事を決めるのが得意じゃないにしても、例えば「イタリアンか和食どっちがいい?」とか「台北動物園か猫空どっちがいい?」などと、選択肢を絞ってあげるようにしましょう。

日本人の男は、本当に決めてくれない人多いよね
確かにね、相手の気持ちを察する文化だから(笑)
その点、トシチャイは、相手の気持ちを察することなく、どんどん計画を決められるから、台湾人の女の子たちが、好きになっちゃうのかもしれないね(笑)
失礼なこと言わないでよ(笑)日本人の謙虚さと海外経験で培った主体性を兼ね備えてるんだよ(笑)

5. 連絡は超マメにする

日本人はLINEなどの返信をゆっくり返しがちですが、狙っている台湾人女性に対してそれは基本的にNGです。この人、私に興味がないんだと思われてしまいます。
既に台湾人との交流がある人はお分かりだと思いますが、台湾人の返信は基本的に超高速。仕事中でも返信を返すと、すぐに返信が返ってくることも少なくありません。
特に、携帯をいじる夜の時間帯に、ずっと会話が続くようであれば、脈ありの可能性が十分にあるので、少し夜更かしをしてでも、相手が寝るまで付き添ってあげてください(笑)
「おはよう(早安)」と「お休み(晚安)」は忘れずに!!

台湾人の返信の早さは確かに異常だよね(笑)
一方で、興味のない人に対しては返信の優先度が低いから、返信も遅い傾向にあるよ
最初は優先順位が低くても、徐々に優先順位を上げてもらえるような努力が必要ってことだね

6. バッグを持ってあげるなどのエスコートを常に意識する

日本人が初めて台湾旅行にいくと驚くのが、街中で彼女や奥さんのバッグを持たされている男性が多いことです(笑)日本では考えられませんが、台湾ではこれが日常・・・。
台湾人男性は、女性に対してとても優しいです。MRTに乗っていれば「僕を掴んで支えていいよ」と声を掛けたり、レストランに行けば「僕が君のエビの皮を剥いてあげるよ」と言うように、細かいところまで注意を払い、女性に尽くしてあげようとします。(一方、仕事はめっちゃ大雑把ですが・・・)
台湾人女性はこれが普通だと思っているので、私たちが台湾人女性を落とすには、こうした細かいエスコートを覚えていくことも大切です。

これは笑っちゃったよ、台湾の男の人は荷物持ちみないなもんだよね(笑)
僕も台湾にいた頃は意識していたけど、未だに本当に必要か?と思うこともあるよね(笑)

7. 毎回家まで送ってあげる

車を持っている台湾人男性は、基本的に女性を車で送り迎えするので、その点、日本人は不利です。日本人には中々、相手を家まで送り届けるという感覚がありませんが、やってあげると◎。この人、私のことを本気で心配してくれているんだと思わせることができます。車を持っていない台湾人男性の多くもやっています!
その際、帰り道に話す中で、今日のデートが楽しかったことや、次のプランまで決められるようにしましょう。

留学中に一度、ひどい公主病(お姫様病)の台湾人女性に夢中になったことがあって、デートに行った日は必ず、家が遠いにも関わらず送って帰っていたよ
そんなことがあったんだね、好贴心(とても優しいね)!!!
ちなみに、公主病(お姫様病)とは、「自分が姫であるかのように扱われることを望む女性」を指す中国語だよ。
その子とは最終的に付き合えたんだけど、毎晩相手のお風呂上りにビデオ電話をさせられていたんだけど、あっちはドライヤーで髪の毛乾かしていて「ギーーン!」って音しか聞こえないのに、僕が席を離すと「なんで電話中にいなくなるんだ!」ってよくキレられたよ(苦笑)
それは災難だったね(笑)トシチャイは常に面白い話を持っていて、羨ましい限りだよ(笑)

8. レストランで横に座っていいか聞く

海外あるあるの話ですが、カップルは基本的に、レストランでは横に並んで座ります。相手のあなたへの好意度を確かめるためにも、火鍋などのレストランに行った際には「横に座ってもいい?」と聞くようにしてください。相手があなたに全く興味がなければ「狭いから向かいに座ってよ」等と言われるはずです(笑)

相手との距離感を確かめることができるね

9. 人混みの夜市で手を繋いで歩く

少し難易度は上がるかもしれませんが、勇気を出すことも大切です。台湾人同士では、基本的にカップルでなければ、手を繋ぐことはしません。夜市に行っても、男性が先頭を歩き道を作るというのが普通です。なので、あなたが人混みの夜市の中で、さりげなく台湾人女性の手を取ってあげることができれば、女性はキュンとするはずです!!(笑)
女性側からして、普段ないことに若干の抵抗感を感じるかもしれませんが、そこは「日本では夏祭りとかに男女が行くと、カップルじゃなくても手を繋ぐよ」などと言って、日本ではごく普通のことなんだ!ということをアピールしましょう。
※注意点としては台湾はジメジメと暑いので、乾いた手で手を繋ぐこと、嫌がられたらすぐに手を離してください。

付き合う前に、日本人男性に手を繋がれたことなんてないよ??
それは・・・きっと、マイチャイがデートしてきた男が悪かったんじゃないかな??(笑)

10. 台湾人男性にない日本人男性の魅力を語る

「3. 台湾人女性の日本人男性に対するマイナスなイメージを払拭する」と同じか、それ以上に大事になってくるのが、日本人男性、つまり自分自身の魅力や将来性を、如何に台湾人女性に対してプレゼンできるかということです。

そして、その競争相手となるマジョリティーは台湾人男性なので、台湾人男性にはない日本人男性の良さに魅力を感じてもらう必要があります。

台湾人男性にない日本人男性の魅力と自分自身の魅力の二軸を意識しましょう
ここでは、台湾人男性にない日本人男性の魅力をいくつか紹介しておきます。

  1. 日本語を教えられる
  2. 日本に旅行へ連れて行ってガイドになれる
  3. 日本に引っ越すという選択肢を提示できる
  4. 美味しいご飯に連れて行ってあげられる

ありきたりなことばかりですが、お許しください(笑)
どちらこというと、自分自身の魅力を語れる準備をしておきましょう。

こう考えると、日本人男性の魅力って意外と少ないね(笑)
自分でも挙げていて、焦ったよ(笑)日本人男性の魅力って言うより、全部日本という国の魅力だからね(爆笑)
日本人同士であれば、同じ日本人としての気持ちが分かる、とか言えるけどね・・・(笑)

終わりに

実際の経験を基に赤裸々に語ってみたけど、少しは参考になったかな?
私の男友達にさっそく見せたら、興奮して、コロナが落ち着いて台湾への旅行が可能になったら、挑戦してみると言っていたよ!(笑)
10の方法を紹介してきたけど、特に大事なのは以下の3つだね。
「3.台湾人女性の日本人男性に対するマイナスなイメージを払拭する」
「4.積極的にプランを決めてあげる(草食系はダメ!)」
「10.台湾人男性にない日本人男性の魅力を語る」
なるほどね。私の台湾人の女友達も、皆が肉食系男子の方がいいと言っていたよ
僕ら日本人男子は、「Let’s Be 肉食」だね!!(笑)

※この記事が少しでも読者の役に立っていると幸いです。
※あくまでもトシチャイの経験に基づく話ですので、ご了承ください。