おすすめ

【知っトク】台湾旅行で日本人男性が台湾人女性と知り合う5つの方法

マイチャイさぁ、今回はなんでこんなトピックを選んだの?
近年、台湾に旅行に行く日本人が増えてると思うんだけど、私の男友達たちも台湾に行くと、必ず「台湾人の彼女欲しいー」って言って帰ってくるのよ
なるほどね、たしかに台湾には日本人男性好みの女の子も多いからね
そうそう、そしてここに過去、台湾で大暴れしていた愛の宣教師がいるから、その体験談を基に、どうやったら台湾人の女の子と知り合えるのかをぶっちゃけトークをして欲しいなっと思って(笑)
トシチャイは話が長いから、今回は知り合う方法、次回は台湾人女性を落とすまでの方法について紹介してもらうよ
それはちょっと、答えたくないなぁ・・・
本音で話してくれないと、この記事を読みに来る読者の人たちが失望するよ!?それでもいいの??
それもちょっと・・・
もういいから、つべこべ言わずに赤裸々に語りなさい!お題を決めていいって、言ったのはあなたなんだからね(怒)
あまり広めないでよ・・・

 

台湾人女性と知り合うための5つの方法(世界共通)

1 マッチングアプリ(Tinder, Bumbleなど)を利用する

最も簡単な方法がマッチングアプリを利用することです。日本では抵抗感のある人も多いものの、台湾では彼氏彼女がいない人は普通に使っています。

そして、僕は有料会員になっておくことをおすすめします。
※僕自身は当時Tinderの有料会員だったので、Tinderを例に話します。

なぜか?

無料会員だと、スワイプできる数が制限されている上で、位置情報を変えることができないからです。

例えば、台北市内に着いてから、スワイプを始めると、早くてもその日の夜、普通なら翌日から、マッチが成立して相手と会話ができるようになる。そして、会話を始めてから会うまでには更なる時間がかかるよね。

となると、基本的に3泊4日の旅の中で、マッチした相手と会えるのは、大抵3日目以降になってしまうのです。その時点で、旅行の半分が過ぎてしまっていますよね・・・。しかも、めっちゃ可愛い子や綺麗な子とマッチしたにも関わらず、結局予定が合わず・・・ということも多々あるのが現実です。

一方、有料会員であれば、無限にスワイプできる上に、位置情報を変えることができるのです!!

例えば、Tinderの位置情報を台北市の中心街にセットしておけば、旅行の前から日本にいながら、いくらでも台湾女性とのマッチが可能なんだよ!

つまり、事前にある程度、会いたい女の子たちに目星をつけて、「僕は来月、台北に行くんだけど、美味しいお店連れて行ってくれない?」とデートの段取りを決めておくことができるのです。中長期的に台湾に滞在する方なら無料会員でも問題ないですが、旅行者にとっては効率の良さこそが命ではないでしょうか?

そんな機能があるなんて、全く知らなかったよ!?超便利だね!?

しかも、この方法は上手く行けば、無料の観光ガイドもゲットすることにもなります(笑)
「僕、中国語も英語もできないよ」と言う方も、日本語の練習をしたい台湾人女性も少なくないので、プロフィールに「日本語できる方歓迎!!英語も中国語もできません!(笑)」とかって書いておくと、意外とマッチします。(もちろん、平均以上の顔面偏差値が最低条件ですが)

結果として、一石五鳥ぐらいの効果を期待できるのです!!
長々と解説してしまったので、次へ行きましょう。

2. ナイトクラブやバーに出かける

台北市内にはナイトクラブがたくさんあります。その中でも特に有名なのがOmniです。
遊び好きの台湾人に聞いたところ、最近人気なのが、Drunk Play(爛醉不累)という台北101付近のバーだそうです(笑)超オシャレです!!
※台北のナイトクラブは入れ替わりが激しいので、随時チェックが必要です。色んなブロガーが取り上げているトピックなので、検索してみてください。

台北のナイトクラブの魅力は、女性は無料で飲み放題のクラブもあったりして、女性が多く集つまるところもあります。男性は日によって無料で入れるところもあれば、一番高くても3000円ぐらい(二杯付や飲み放題付)で入れるのでコスパは◎。当時は、夜11時前に入場すると半額になるところも多かったので、よく9時半ぐらいから並んでいました。

水曜日のレディースナイトに行くと、女性限定で無料飲み放題のところも多かったから、男性陣はそれをいつもお裾分けしてもらってたよね笑
そうそう、学生だった僕らにはすごい助かったよ・・・

話は戻りますが、ナイトクラブであれば、英語を話せる人や日本語を話せる人もちょくちょくいるので、順番に声を掛けて、反応を伺っていくしかないです。

簡単なアドバイスとして、3つ手段を挙げておきます。

1. ダンスフロアで踊っている子というよりは、隅にいる2人組女の子たちに話しかける(実際の声の掛け方は気が向いたら、いずれ共有予定)

2. 男女グループで来ている男性に話しかけ、そのグループの女の子にたどり着く

3. 女性友達も連れてクラブに行けばの話になりますが、女性友達に現地の女の子に話しかけてもらう(相手の警戒が緩みやすい)

確かに声を掛けるまでに相当な勇気がいりますが、少し会話をして、LINEを聞けば、意外と教えてくれるものです。ちなみに、酔っ払ってる子ほど、翌日の返信率は悪いです(笑)

また、「一緒に写真撮ってもいい?」と聞いて、写真を撮ってもらい、「写真を君に送りたいから、LINE教えて!」と言うのは結構ナチュラルで効果的なので、是非使ってみてください(笑)

完全にナンパ方法の説明になってきてるよ、話を早く戻して(笑)
ごめんごめん、ちなみに、自慢話をすると僕の場合、毎回3、4人の連絡先は聞いてたなぁ。クラブエピソードでも、印象的な失敗談があるから、それはまた今度共有するね(笑)

その他、比較的外国人の集まるブラスモンキーのようなバーでは現地の友達を作りやすいのでオススメです!

3. 言語交換バーや言語交換カフェに参加する

留学当初の友達が少ない時は積極的に参加していたのですが、MeetupやCouchsurfing、FBなど、色々なプラットフォームで語学交換イベントが開催されています。そうなると英語を話せる人も多く、参加すると、常連の台湾人たちが「Are you new here ? Where are you from ?」と話しかけてきてくれるので安心です。初めて一人で行った時は緊張したのですが、行ってみたら5、6人とLINE交換をしていて、今でも連絡を取る友達もできました。

4. 街中でランダムに道を訪ねるフリをする

これは上級者向けの方法、ただのナンパですが、観光客として道を訪ねるついでに、その女性を誘うという技です(笑)
Google Translateを使ってもOK。台湾人は超親切なのでしっかりと質問に答えてくれます!

声の掛け方の実例を一つ挙げておきます。
※Aは日本人男性、Bは台湾人女性という設定です。
※実際に英語も中国語も話せない友人が使っていた方法です。
※Google Translateを用いた実際の会話をそのまま日本語にしたものです。

A: こんにちは、僕日本から来たんですけど、日本語話せますか?
B: 話せません
A: 僕は台北に101に行きたいです。タピオカティーを飲みたい。お店を知ってますか?(Googleマップを取り出して、操作してもらう)
B: (Googleマップを使いながら説明してくれる)
A: 良かったら一緒に行ってくれませんか?色々教えたもらったので、お礼がしたいです。
B: 大丈夫です。大丈夫です。
A: いや、本当に30分だけでいいので。行きましょう、こっちですか?
B: 好啊,走吧!

この記事を読んでいる大半の方が、おとぎ話でしょ??と思うかもしれませんが、コミュ力がある人がやれば、この方法、意外と成功する確率も高いんです(笑)

勇気のある方は、是非チャレンジしてみてください!

言われてみれば、日本にも、そういう白人が意外といるよね(笑)
そうそう、実際のところ世界共通だよね。ただ、Google Translateを使うって発想がない人は、まだまだ多いと思うよ。
ナンパの道具にGoogle Translateを使うなんて、考えたこともなかった(笑)
ナンパじゃなくて、新しい人と知り合う方法ね!!勘違いしないように(笑)

5. 夜のお店に出かける

色んなブロガーが記事を挙げているトピックなので、詳しい話はしませんが、林森北路というエリアには日本人男性向けのスナックやキャバクラ、KTVがたくさんがあります。

以前、台北の観光ガイドをしていた時に、一度だけお客さんに連れて行ってもらったことがあるんだけど、そのお客さんの1人は、5年以上経った今でも、夜のお店で知り合った台湾人女性と連絡を取り合っているよ
わーお、すごいね。ちょっと反則な気がするけど、一応は知り合う方法だね(笑)

終わりに

今回、台湾旅行で日本人男性が台湾人女性と知り合う5つの方法を紹介してきたけど、少しは参考になったかな?
いやぁ、知らないことも多かったし、実際の話しかけ方とかも例文付で説明してくれたから、すごい分かりやすかった!友達たちにも、この記事を読むように言っておくね(笑)
今回の話は、台湾旅行だけでなく、海外旅行に行く際はどこの国でも使える方法だから、マイチャイも機会があったら、Tinderでもやってみたら??
そうだね、私は中国人のお金持ちと知り合いたいから、中国版のTinderである「Tantan」でもやろうかな(笑)