新HSK1級

中国語で電話の「もしもし?」を言えるようになろう

今回は新HSK1級レベルの「喂」という単語を紹介するよ!
単語関係ないけど、「もしもし?」って、ドイツ語では下ネタらしいね(笑)
僕もそれ教わったよ(笑)話を戻して、「喂」の意味を解説していくよ!
好的♡♡
HSKについて、そもそも知らない人は「HSKのまとめ記事」を一度読んでおくと良いよ!
また、HSK1級を勉強している人なら【完全攻略】HSK1級の過去問題から勉強方法まで(全単語解説付)の記事は参考になるはずだから、読んでおこう!

 

喂の読み方とピンイン

拼音:wéi / wèi 
カタカナ読み:ウェイ
簡体字:喂
繁体字:喂

「もしもし?」の場合は、二声の「wéi」で発音するよ!!

喂の意味

もしもし?という意味です。
四声「wèi」で発音する場合、「おいっ!」や「餌をやる」「食べさせる」という意味にもなりますが、HSK1級では「もしもし?」を覚えておきましょう。

具体的にどのような使われ方をするのか、例文をみていこう!

例文(新HSK1級レベルの単語だけを使用)

喂,你在哪里
wéi nǐ zài nǎli
もしもし、あなたどこにいるの?

関連用語

「你好」
拼音:nǐhǎo
カタカナ読み:ニーハオ
意味:こんにちは

おわりに

「喂」は初級者向けの中国語の教科書で最初の方に出てくるから、何度も練習した記憶がある(笑)
たしかに(笑)
二人一組のロールプレイでも、聞こえないふりをして「喂?」「喂?」「喂?」って繰り返す人、必ずいるよね(笑)
僕のクラスは体育会が多かったから、そういう輩が5人ぐらいいた覚えがある(笑)